日本人メジャーリーガーでチャンピオンリング一番多くゲットした人は誰?

日本人メジャーリーガーでチャンピオンリングを手にしている人は過去に10人います。

2個:伊良部・井口・田口
1個:高津・松坂・岡島・松井秀・上原・田澤・川崎

日本人選手最多獲得数は田口壮、井口資仁の両選手の2個です。

出場してないけど同年度に所属していればもらえます。例えば今やっているワールドシリーズでアストロスが勝てば青木選手がもらえます。

アストロズがワールドチャンプになれば今年在籍していた青木もリングがもらえるんだよ

MLBチャンピオンリングを所有している日本人をまとめてみました。

1998年、ニューヨーク・ヤンキース所属の伊良部秀輝。(ワールドシリーズは出場機会無し)
1999年、ニューヨーク・ヤンキース 所属の伊良部秀輝。(2年連続で2個目の獲得。ワールドシリーズは出場機会無し)
2005年、シカゴ・ホワイトソックス 所属の井口資仁、高津臣吾。
2006年、セントルイス・カージナルス 所属の田口壮。
2007年、ボストン・レッドソックス 所属の松坂大輔、岡島秀樹。(松坂はWBC(後述)と両方のチャンピオンリングも持つ)
2008年、フィラデルフィア・フィリーズ 所属の田口壮、井口資仁。(両選手とも2個目のチャンピオンリングを獲得)
2009年、ニューヨーク・ヤンキース 所属の松井秀喜。(日本人初のワールドシリーズMVPも同時に獲得)
2013年、ボストン・レッドソックス 所属の上原浩治、田澤純一。
2016年、シカゴ・カブス 所属の川崎宗則。(ワールドシリーズは出場選手登録外のためベンチから応援)
 
しかし、日本人選手最多の2個をさらに上回る日本人保持者がいます。
その方はサンフランシスコ・ジャイアンツでブルペン捕手を務める植松泰良さんと鍼灸トレーナーを務める小川波郎さんでともに2010年と2012年と2014年に獲得しています。
小川波郎さんは長年、サンフランシスコ・ジャイアンツのマッサージセラピストとしてはり治療やマッサージで選手たちの体調維持に貢献してきています。
植松泰良さんはブルペン捕手だけではなくキャッチボールの相手、バッティング投手、雑用など様々な任務をこなしています。
球団スタッフ全員に贈られるチャンピオンリングってなんかいいですよね。

LAS理論で野球上達!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

世界初の動体視力トレーニングメガネ