アストロズのグリエル内野手。差別行為により来季開幕から5試合出場停止が決定。

ヒューストンで27日に行われた米大リーグのワールドシリーズ第3戦で、アストロズのグリエル内野手がアジア人を差別するようなしぐさをしたことが問題となりました。

グリエル 来季開幕から5試合出場停止 差別行為で
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171029-00039539-nksports-base
10/29(日) 6:42配信

MLBのロブ・マンフレッド・コミッショナーは28日(日本時間29日)、ワールドシリーズ第3戦でアジア人を差別するようなしぐさをしたことが問題となったアストロズのユリエスキ・グリエル内野手(33)に対し、来季開幕から5試合出場停止などの処分を科すと発表した。

同内野手は27日の試合の2回にドジャース・ダルビッシュ有投手から本塁打を放った後に、ベンチで両手で目尻を引っ張り、目を細めるポーズ。さらにスペイン語でアジア人を侮辱する蔑称を口にしたとされる。これがテレビに映し出され、MLBも事情聴取することになった。

問題の行為はこちら

グリエル本人は地元メディアの取材に「侮辱するつもりはなかった」などと釈明しています。

処分は来季からですか。。ワールドシリーズ中からではないのですね。

ずいぶん軽い処分でしょうか。アストロズは異議申し立てするのでしょうか。

そういう環境でイチロー選手もやって来ていたんでしょう。
審判にも変な判定する人がいたし。

FIFAなら無観客試合でしたね。

一方、アメリカの高校からドラフト指名され、現在、ヤンキース傘下でプレーする加藤くんも自身のツイッターでこの一件に言及していて以下のように語っています。

「グリエルには非常に失望しました。野球界では非常によく起こります。彼や他の人々がこの機会から学ぶことを願います」


LAS理論で野球上達!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

世界初の動体視力トレーニングメガネ