實松一成捕手が戦力外になりました。

今季は8打数無安打で.000でしたが希少な2番手捕手としてベンチ入りしていました。

松坂世代がまた一人消えてしまった感じです。ちなみに以下がその松坂世代です。

田中一
東出
赤田
吉本亮
大島
寺本
村田
實松
古畑

松坂
新垣
久保
上重
杉内

ベテラン捕手が消えてしまって最年長捕手が来季4年目の小林誠司になってしまいました。

ドラフトで捕手指名に成功したからこのタイミングでなのでしょうか。

これで来季は

一軍捕手
小林(正捕手) 宇佐見(第2兼他ポジションも) 大城(コンバートと緊急要員)
二軍捕手
岸田(鍛える) 田中(正捕手) 河野(穴埋め)

といった感じでしょうか。

實松の経験値が重宝されてるとかいう意見もあったけど小林がそれなりに経験積んだし守らないが阿部もいるわけだから仕方ないのでしょうか。

巨人の捕手はこうなりました。

【】内は左から一軍、二軍、三軍の出場数

支配下
98年ドラ1 實松(37) 【14、13、0】→戦力外
13年ドラ1 小林(28) 【138、0、0】
15年ドラ8 松崎(26) 【0、23、63】→戦力外
09年ドラ2 河野(26) 【0、51、0】※来季は危ないか
14年育成3 田中(25) 【0、66、17】17年支配下
17年ドラ3 大城(25)→new
15年ドラ4 宇佐(24) 【21、39、11】
17年ドラ2 岸田(21)→new

育成
16年育成6 高山(23) 【0、0、81】
17年育成5 広畑(22)→new
17年育成6 小山(22)→new

選手がかなり入れ替わっていますね。

實松さんの応援歌


LAS理論で野球上達!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

世界初の動体視力トレーニングメガネ