高木勇人投手がFA移籍で獲得した野上亮磨投手(30)の人的補償として西武に移籍

巨人は西武からのFA移籍で獲得した野上亮磨投手(30)の人的補償として、高木勇人投手(28)が西武に移籍すると18日、発表した。

高木勇は14年ドラフト3位で入団。1年目から先発ローテに定着し、独特のカットボールを武器に9勝10敗、防御率3・19の成績を残した。2年目からはやや伸び悩み、今季は中継ぎを中心に16試合で1勝2敗、防御率2・63だった。

高木勇 3年間でしたが、巨人軍関係者の皆様や温かい声援を送ってくださったファンの皆様との出会いが自分にとって大きな財産となりました。「勝ちたい」という気持ちを強く持ち、西武ライオンズの優勝に少しでも貢献できるように頑張ることでお世話になった方々やファンの皆様に恩返しをしたいと思います。

鹿取GM 新天地でも活躍されることを期待しています。先発ローテーションに入り、チームに貢献してもらいたいです。

引用元:https://www.nikkansports.com/baseball/news/201712180000334.html

記事の通りです。3年で出されてしまいました。ちょっとびっくりですね。

実質トレードみたいなことになってしまいました。

高木勇人
過去3年 308.0回 15勝21敗 防3.56

野上
過去3年 385.1回 21勝26敗 防3.90

バントしてきた骨折すしてなきゃ活躍してたでしょうから残念ですね。

骨折してからはストレートが悪くなってしまいました。

一年目の期待度の割に伸びなかったイメージですかね。ルーキーイヤーは途中まで新人王争いしてましたし。

新天地で頑張ってほしいですね。


LAS理論で野球上達!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

世界初の動体視力トレーニングメガネ