1990年の巨人

投手

斎藤 雅樹 27登板 20勝5敗 防2.17 ※MVP 最多勝 最優秀防御率 最高勝率
木田 優夫 32登板 12勝8敗7セーブ 防2.71 ※最多奪三振
宮本 和知 28登板 14勝6敗1セーブ 防3.69
桑田 真澄 23登板 14勝7敗 防2.51
香田 勲男 23登板 11勝5敗 防2.90
槙原 寛己 17登板 9勝5敗 防3.96
吉田 修司 21登板 3勝3敗1セーブ 防3.69
水野 雄仁 34登板 2勝2敗11セーブ 防1.97

野手

捕手
村田 真一 率.273(209-57) 13本 44打点
中尾 孝義 率.254(114-29) 7本 18打点
一塁手
駒田 徳広 率.287(470-135) 22本 83打点
二塁手
緒方 耕一 率.259(401-104) 3本 27打点 ※盗塁王
篠塚 利夫 率.284(232-66) 5本 29打点
三塁手
岡崎 郁 率.289(356-103) 6本 49打点
遊撃手
川相 昌弘 率.288(309-89) 9本 32打点
左翼手
原 辰徳 率.303(366-111) 20本 68打点
西岡 良洋 率.249(169-42) 4本 23打点
中堅手
クロマティ 率.293(450-132) 14本 55打点
右翼手
ブラウン 率.282(227-64) 7本 29打点
吉村 禎章 率.327(208-68) 14本 45打点

順位表

1.巨人
2.広島
3.大洋
4.中日
5.ヤクルト
6.阪神

シーズンを振り返る

斎藤二年連続20勝MVP。歴史的大差でV2も日本シリーズは西武に4連敗。


LAS理論で野球上達!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

世界初の動体視力トレーニングメガネ